スポンサーリンク

Voice of brothers 494 年配者の次元上昇へ向けて (7)

 前の同名記事

Voice of brothers 488 年配者の次元上昇へ向けて (1)
★高齢化社会の到来 日本の現在の人口動勢から見ると、相対的に新生児は減って、ご年配の人が増えているね。 それは、誰がどう見たところで確実にそうなっている。 そこからわかるのは、年々寿命が延びてゆくことも相まって、超高齢社会にな...
Voice of brothers 489 年配者の次元上昇へ向けて (2)
​ 前の同名記事 (前回の続き) ★制度に依存しない価値観の構築へ向けて 現状を変えるという言葉を聞いて、ほとんどの人が思い浮かべるのは、国や自治体が現状の制度自体を変えてくれることへの期待だね。 「みんなが幸せにな...
Voice of brothers 490 年配者の次元上昇へ向けて (3)
​ 前の同名記事 (前回の続き) ★真の自己を確立するために だいたい、外的条件の変化によって幸せを感じたり、ひるがえって不幸せを感じたりしているだなんてのは、実際問題として意識レベルがまだまだ低いと言わざるを得な...
Voice of brothers 491 年配者の次元上昇へ向けて (4)
​ 前の同名記事 (前回の続き) ★何事にも動じない幸せについて ​そこで、外的条件に左右されない幸せというか、何事にも動じることのない幸せというのは、一体全体どういうものかということだよ。 これがわ...
Voice of brothers 492 年配者の次元上昇へ向けて (5)
​ 前の同名記事 (前回の続き) ★太陽の心 〜 生命探究のプロセスを経て到達すべき心境 人は真(ホント)の幸福を探究してゆけば、一人の例外もなく、精神的な生き方を志向せざるを得ないことに気が付いて...
Voice of brothers 493 年配者の次元上昇へ向けて (6)
​ 前の同名記事 (前回の続き) ★きみたちは地球開発のフロンティア 話が大分脱線したけれど、これからの世界でご年配の人たちが意識進化しないで、ただ生きながらえていることなどは、​ 百害あっ...

(前回の続き)

★人、齢四十を越えなば、己が意識を生命に返せ

現在、年配者の人たちと、これから老齢にさしかかる人たちは、地球の未来を子孫に繋ぐための、大事な役割を担った人たちだということが理解できただろうか?

きみたちの世代がいつまでも自己都合でうごめいていたり、自分が理想と乖離した現実を生きてる責任を、相も変わらず他に転嫁する心境で生きていたなら、それがそのまま地球の未来に暗い影を落とす生き方になってしまうんだよ。

どんなに立派な魂が肉体に入り込んで生まれてきた人たちだって、その人たちが生命の本質を思い出し、発揮して生きられるようになるまでには、それ相応の年月がかかるんだ。

だから、きみたちよりも若い世代の人たちが神性人類として甦るまでは、きみたちの世代が地球の未来を守らなければいけないんだよ。

そのためには……、そうだなあ、40歳を過ぎたなら、もう個人的な都合で生きるのは卒業して、地球全体の大調和のために、自身の心身を大生命に捧げ、差し出すことだよ。

「宇宙を創り運行する森羅万象の源よ、私の心身をあなた様にお返しします。どうぞ、この人の心と体を、地球世界大完成のためにお使いください」ってね。

そうしたら生命の根源エネルギーが、「ういやつじゃ」ってんで、エゴの苦悩を全部取り払ってくれて、その代わりに宇宙を運行する力と叡智を流し込んでくれて、地球人類の神性復活のために働かせてくれるんだよ。

★地球界の真のリーダーたちへ

そうなったらもう、「自分が自分が」って思わなくても、生活環境は自然に整えられてきて、後顧こうこの憂いなく、地球界の次元上昇アセンションのために働くことが出来るんだよ。

自己都合でいろいろ画策しなくちゃ、自分の人生が立ちゆかないって思うのは、実はまったく本末転倒した考え方なんだ。

そういうエゴを全部かなぐり捨てて、特定の何かのためではない大義のために己のすべてを投げ出したときに、人は初めて、生命が本来持ってる無限の力を発揮して生きられるようになるものなんだよ。

こういう話を伝えたからといって、すべての人がそれを出来る訳ではないけれど、少なくとも地球界の黎明期からこの星に降り立って、今日に至るまでの間に、ありとあらゆる輪廻転生を繰り返してきた人たちには、必ずこの真髄が伝わって、神域の意識にシフトした生き方が思い出されてゆくことになっている。

もうあと一歩のところで、神域の本心を肉体意識に顕せる人が、ぼくたちの話に触れてる人たちの中には大勢いるんだよ。

その人たちはみんな、地球においては一番古い魂で、表の世界のリーダーたちをも導いている真のリーダーだといえる。

実際にきみたちは、世界のトップリーダーたちの脳髄に、神性エネルギーの光を送り込んで、彼らが大いなる過ちを犯すところを、何回も何回も小さな過ちにとどめて、世界の危機を防いできたのだからね。

きみたちは今日に至るまで、自己都合を捨て切れないその一方で、地球界を救済する神事にその心身を差し出して、地球をサポートする宇宙人類や地球神霊方の応援の光を地上に発信するアンテナの役割を果たしてきた。

この事実は、未だ頑迷な無神論者や物質至上主義の人たちには、まったく以て知る由もないことだけれど、やがて地球上の誰もの知るところになって、きみたちが世界中の人々から感謝される日が来るんだよ。

そんなことさえ望まないきみたちだからこそ、この大神業に参画することが出来てるんだけどね。

もうちょっとだよ。

あと少しの辛抱で、地球世界は大きく変わるんだよ。

その日を一日も早く来たらしめるためにも、神性復活の言霊を伴った深い呼吸と、生命の神秘を開示する印を組みつづけてほしい。

そうしてさえいれば地球滅亡は回避されて、この星の人類が肉体を持ちながら神力を用いた、まったく新しい神霊科学文明の世界を切り開くことが出来るのだからね。(終わり)